HOME - パールリレーション


パール(真珠)は世界最古のジュエリー(宝石)といわれており、紀元前より珍重されてきました。
最近では宝石の王・ダイヤモンドに対して真珠は宝石の女王といわれておりますが、ダイヤモンドが研磨できるようになったのは西暦1450年ごろですから真珠の方が古来より宝石として長く利用されていました。
 また、中国では真珠を漢方薬としても珍重されていました。美人で有名な楊貴妃は、真珠を石薬としていつも口に含み、飲んでいたため、いつまでも美しかったといわれています。

GUM12_PH10027.jpg

pr_blue1502.png

現在では、冠婚葬祭やフォーマルシーンで女性にとって欠かせないものになっています。
日本では、あこや貝からとれるあこや真珠(和珠)が一般的で広く愛されています。その他、海外ではタヒチなどで、より粒の大きいパールがとれます。母貝の種類によって白蝶パール(同じ母貝で金色のゴールデンパールもとれる)や黒蝶パールなどがあります。日本ではダイヤモンドに次ぐ人気で、永く大人の女性の必需品としての地位を得ています。

新着情報